2005年11月21日

■織田裕二の2年半ぶりの主演映画「県庁の星」製作会見!

 俳優、織田裕二(37)が20日、東京・成城の東宝スタジオで最新主演映画「県庁の星」(西谷弘監督、来年2月25日公開)の製作記者会見を行った。前作「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」以来、約2年半ぶりの映画出演作。上昇志向丸出しのエリート公務員を演じる織田は、「僕が考えていた自分探しがテーマとなった作品です」と誇らしげに語った。
 
 過酷な撮影に真っ向から立ち向かっている織田の表情は、気迫と緊張感が交錯していた。織田は「僕が考えている自分探しがテーマになっている作品。そのままでもいいし、自分を見つめ直すのもいいし、相手を思いやる気持ちが大切という映画です」と役柄を意識した厳しい表情で映画をPR。先月19日のクランクイン後の撮影を振り返り、「ネクタイをきっちり締めて奇麗な場所にいられたらいいですが、そうでない時は大変ですね」と苦労を語った。
 
 スーパーのパート店員役の女優、柴咲コウ(24)は、黒髪を1つに縛り、赤いエプロンに白のカーディガン、黒ソックスとかなり地味な衣装で登場。役作りについて「(スーパーで)バイトしたこともあるし、レジをやったこともある。それを思いだしながらやってます」と意外な過去を告白。撮影については伏し目がちで「一日中撮影があったりすごく過酷。睡眠をいかにとるかを考えてました。(体調は)今は最悪です」と、表情はかなり疲れていた。
 
 一方、初共演のお互いの印象について織田は「“女優”です。映画を見て頂ければわかる」と大絶賛。それに対して柴咲は「想像していた織田さん像より、はるかにまじめですごく紳士的でした」と本音で返した。
 
 同作は、県庁のキャリアが研修先のスーパーマーケットで、官と民間のギャップを感じながら心を改革していく物語。前作「踊る大捜査線 THE MOVIE2−」で、興収約174億円という邦画実写映画1位となる大記録を作った織田だけに、同作での奮闘が期待される。…サンケイスポーツより。

 織田裕二さんの待望の新作は、エリート公務員ということで「踊る〜」の青島刑事とは正反対の役どころですね。エリート公務員役ということは、「振り返れば奴がいる」ばりの“クールな織田裕二”を観ることができそう・・・等と勝手な期待を寄せています(笑)公開が楽しみです♪…ルーピーQ




『県庁の星』原作本はこちら

posted by ルーピーQ at 13:27| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | ■映画情報 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

織田裕二の2年半ぶりの主演映画「県庁の星」
Excerpt: 織田裕二の2年半ぶりの主演映画「県庁の星」製作会見 俳優、織田裕二(37)が20日、東京・成城の東宝スタジオで最新主演映画「県庁の星」(西谷弘監督、来年2月25日公開)??
Weblog: エンタ記事拾イ読ミ。
Tracked: 2005-11-21 16:42

織田裕二
Excerpt: テレビドラマ「冗談じゃない!」 最新情報
Weblog: 織田裕二
Tracked: 2007-03-04 18:03

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。