2005年11月01日

■ウッチャン監督作品で、ふかわ映画音楽初挑戦!

 お笑い芸人のふかわりょう(31)が、ウッチャンナンチャンの内村光良(41)の初監督作「ピーナッツ」で映画音楽に初挑戦した。幼少のころからピアノを習い、「ロケットマン」のアーティスト名でクラブDJとしても活躍している実績を買われての抜てき。ふかわは「音楽の力で(映画を)見る人の心をさらに動かしたい」と自信をのぞかせた。
 
 バラエティー番組などで独特の存在感を放つふかわが、内村監督の「映画音楽できるか?」という何げないひと言で、作曲家としての才能を披露することになった。
 父親がバイオリンをしていた影響で、幼少のころにピアノを習い始め、大学時代に当時ピチカート・ファイヴの小西康陽とユニット「ロケットマン」を結成。98年に、音楽とひと言ネタを融合させたアルバム「フライング・ロケットマン」でCDデビューしている。
 
 00年の第2弾アルバム「ロケットマン・デラックス」からは、ソロで活動。DJとして2本のレギュラーを含め、年間約60本のクラブイベントに出演する本格派だ。
 
 テレビ朝日「内村プロデュース」から生まれたユニット「NO PLAN」のための楽曲を気に入った内村が、「電子音は苦手。とにかくたくさん作ってくれ」と要望。ピアノやギターで70曲を作り、その中から、監督らと話し合い10曲が劇中音楽に採用された。
 
 ふかわは「人物の心境や状況を音楽で表現するのは、難しかったが楽しくできた。音楽の力で見る人の心をさらに動かすことができれば」と納得の表情。映画は、地方都市の商店街で落ちぶれた草野球チームが復活を目指す姿を描く人情コメディー。ふかわの生み出した旋律が、スクリーンをどのように彩るか注目だ。・・・スポーツニッポンより。

 
 「ピーナッツ」公式サイトを見ると音楽担当が「ロケットマン」になっていて、最初誰の事だか分かりませんでしたが、ふかわさんの事だったんですね。(汗)どんな劇中音楽になっているのか、ちょっと気になるところです。ちなみに主題歌は、「NO PLAN」の「君の中の少年」。
 まだ公式サイトの方にコンテンツは揃っていませんが、1月29日の公開に向けてだんだん出来上がっていくでしょう!公開が楽しみです。・・・ルーピーQ


「ピーナッツ」公式サイト http://www.peanuts-movie.jp/





AIIの「ドラマ韓」人気韓ドラを多数配信中!!

posted by ルーピーQ at 11:14| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■映画情報 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。