2005年04月26日

■グラディエーター

グラディエーター.bmp

 西暦180年、大ローマ帝国。皇帝マルクス・アウレリウス(リチャード・ハリス)は、将軍マキシマス(ラッセル・クロウ)に全幅の信頼を置き、次期皇帝の地位を約束する。だがそれを知ったアウレリウスの息子コモドゥス(ホアキン・フェニックス)は皇帝を殺害。マキシマスに罪をなすりつけ処刑を企てる。間一髪で逃げ延びたマキシマスが故郷に帰ると、そこには変わり果てた妻と息子の姿があった。その後、彼は奴隷商人プロキシモ(オリヴァー・リード)の手に落ち、死ぬまで戦う事を義務づけられた剣闘士として、ローマが誇る巨大コロシアムに出場する事になるが・・・。

 将軍から剣闘士“グラディエーター”に身を落としながらも、ローマのために戦いに身を投じていくマキシマスの姿を壮大なスケールで描く、歴史スペクタクル・ロマン。

 「すべてはローマのために」 力と名誉を重んじる、誇り高き将軍マキシマス。実直であるが故に訪れる苦境や葛藤に、それでも立ち向かうマキシマスの姿は理想的な英雄だ。兵士に限らず周囲の人間が彼に従い慕うのは、その人柄にこそだろう。家族を愛し、故郷への帰還をただ望むマキシマスの苦悩や葛藤を、ラッセル・クロウが好演している。

 ゲルマニアでの戦いや、巨大コロシアムにおける戦闘シーンは圧巻の一言に尽きる。また、マキシマスが語る故郷の風景が、その対比としてより美しく印象に残る。155分という時間を長く感じさせる事なく一気に見せるストーリー展開に人間ドラマだった。


ルーピーQ的評価・・・★★★★☆四つ星です。


※人気blogランキング参加中〜♪





posted by ルーピーQ at 00:55| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ■映画レビュー -DVD観賞- 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

グラディエーター #309
Excerpt: 2000年 アメリカ 155分 時は西暦180年の古代ローマ。題名であるグラディエーターとは、コロシアムで人間同士の戦い(殺し合い)をする剣闘士のことだ。大観衆に見守られ、と言えば聞こえはいいが、..
Weblog: 映画のせかい2
Tracked: 2005-04-29 19:31

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。