2006年04月10日

■タイフーン TYPHOON

タイフーン .jpg 

 民間貨物船を装い、米軍の兵器を秘密裏に運んでいたアメリカ船舶が海賊に襲われ積荷が強奪された。韓国海軍のエリート将校カン・セジョン(イ・ジョンジェ)は、事件の調査を命じられる。一方、兵器を奪った海賊のシン(チャン・ドンゴン)は、生き別れの姉ミョンジュ(イ・ミヨン)を必死に探していた。その情報を知ったセジョンは一足早くミョンジュと接触するが・・・。
 
 亡命を受け入れなかった“南”に、一家を射殺するという制裁を加えた“北”、その両国に憎悪を抱いたシンと、彼を捕えるよう命じられたセジョンとの息詰まる追走劇を中心に物語は進んでいく。韓国、タイ、ロシアに海上と目まぐるしく移動するために戸惑う場面もあったが、全体的にはテンポも良く観ていて飽きさせない。

 派手な追走劇で娯楽要素を擁しながらも、国家への復讐に燃えたシンと、国家の為に命を賭けるセジョンの間に芽生える仄かな友情や、南北分断で生まれた悲劇等、人間ドラマとしても見せる。シンらが脱北した翌年から脱北者が受け入れられたという運命の皮肉さや、シンとミョンジュ、姉弟が辿った過酷な道程は悲哀に満ちて涙を誘う。

 後半で“朝鮮半島消滅計画”の全貌が明らかになった時の脱力感は否めないものの、エンターテイメントとしてはまずまずの出来だ。チャン・ドンゴンが演じる野性味溢れる海賊を好演、ファンならば見て損はないだろう。


ルーピーQ的評価・・・★★★☆☆三つ星です。


※人気blogランキング参加中♪





posted by ルーピーQ at 01:31| 千葉 ☁| Comment(20) | TrackBack(40) | ■映画レビュー -劇場観賞- 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

Blog楽しませていただきました。
私はe-アフィリというアフィリエイトサイトを運営しています。
宜しければこちらのサイトで当アフィリエイトに参加してみませんか?
1登録@1000円の成果報酬が簡単な登録で、今すぐ開始可能です。
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

↓詳細は↓
http://e-af.net/?o
Posted by e-アフィリ at 2006年04月10日 02:01
ルーピーQさん、おはようございます(^0^* )
TB、コメントありがとうございます♪
チャン・ドンゴンのイメージ一新した作品でした〜
南北分断問題は重いですね(T▽T)
でもこの映画は映画館で観て良かったなぁと思えました
Posted by cherry@Cinemermaid at 2006年04月10日 07:02
ルーピーQさん、こんにちは〜!
TB&コメント、ありがとうございました(^^)嬉しいです!
ちょっぴり詰め込み過ぎなのかなぁ〜って、思ったりもしましたが、主演の3人が素晴らしかったので、私としては気になりませんでした。
ミョンジュがシンの到着を、をベッドの上で静かに待っているといった何気ないシーン、他たくさん泣かされました。
重く切ない映画でした・・・(涙)
Posted by at 2006年04月10日 09:53
-----■コメント感謝です♪■-----

・cherryさま、こんにちは☆

コメント有難うございます!
チャン・ドンゴンは最近観た「プロミス」とは全く違って良かったです〜。^^
野生的なドンゴンはツボでした(笑)
南北分断問題、日本人である自分には身近に感じることは難しいけれど、とても重いテーマですよね。
重いテーマを扱いながらも、娯楽として見せたところは上手いなぁ〜と思います。


・空さま、こんにちは☆

コメント有難うございます!
主演の3人はそれぞれ良かったですよね。^^
シンとミョンジュの再会シーン、セジョンが母親に書いた手紙等はウルっとくるシーンでした。
シンとセジョンの対決シーンは、遣る瀬無い気持ちでいっぱいです。
詰め込み過ぎ〜な気もしたので、もう少し纏めても良かったかと思いましたが主演の3人が良かったので、まぁいいか〜(笑)
Posted by ルーピーQ at 2006年04月10日 13:07
こんにちわ♪TB&コメント有難うございました♪

個人的にはタイやロシアに移動する時に、字幕で『タイ』とか『ロシア』等、あっ、タイに移動したんだなって観客にも分かるようにして欲しかったんですが・・・でも映像見ればだいたい分かるんですけね(^▽^;)(汗
目まぐるしく動いて分かりづらかったって人もいると思うので、そういう方への配慮はして欲しかったですね。
Posted by メビウス at 2006年04月10日 14:25
TBありがとうございました。これまでの韓国映画と比べるとかなりスケールの大きい作品でしたね。詰め込みすぎなのか観客を置いてけぼりにするようなとこが見受けられるのは残念でした。これでストーリーでもっと楽しませることが出来ればもっとグレードの高い作品になるような気がしました。
Posted by かのん at 2006年04月12日 00:41
私は先月の30日に地元テレビ局主催の試写会で見ましたよ。
台風と船がからむ人間ドラマに結構感動しましたよ。それにチャンドンゴンさんもかっこよかったですよ。
Posted by かなやす at 2006年04月12日 11:01
-----■コメント感謝です♪■-----

・メビウス様、今晩は☆

コメント有難うございます!
自分にはちょっと忙しなく感じてしまいました〜。^^:
スケールの大きさを出すために仕方ないのかもしれませんが、大掛かりな印象で。
自分に理解力が足りないのが原因かも(汗)



・かのん様、コメント有難うございます!

ちょっと詰め込み過ぎな感がありましたよね。^^:
視点をシンに定めて描くだけでも随分違った印象になりそうな作品です。
ストーリーをもっと練っていれば、映画としてかなり楽しめそうだなぁ〜と思いました。


・かなやす様、コメント有難うございます!

試写会でご覧になったんですね♪
チャンドンゴンの海賊役は格好良かったです。^^
Posted by ルーピーQ at 2006年04月13日 00:32
ドンゴン、かっこよかったですね。

でも、タイのアジトでローソクに火を灯してる時、鋭く光る眼球に、つまめそうなほど血管くっきり浮き出たのは、怖かったです(笑)。

てなわけで、コメントありがとうございました。
(原因不明のTB弾きのお詫びに、コメントにこちらの記事のURL書いて入れておきました)
Posted by にら at 2006年04月14日 12:05
チャン・ドンゴンの野性味溢れる演技が良かったです。
それとイ・ジョンジェ演じるセジョンが国家に忠誠を尽くす部分の対比が良かったと思います。
でも、セジョンの忠誠とは裏腹に、任務を遂行するための人員選出部分には「家族に公務員がいない者」と
いう基準が出てくるところで、変な選別されているんだなという事実もあって。。。

日本に生まれ育った私たちには、そう簡単に理解できない南北朝の重いテーマ。
いつになったら南北は統一されるんでしょうね。
Posted by ありねぇ at 2006年04月15日 13:18
TBありがとうございました。 
重い内容で姉弟が痛々しかったです。 
チャン・ドンゴン熱演でしたね。
Posted by kazu at 2006年04月15日 18:06
-----■コメント感謝です♪■-----

・にら様、コメント有難うございます!

ドンゴン格好良かったですね〜。
目が血走っているのはご愛嬌ということで(笑)
熱演でした。^^
TBが反映されないようで、お手数かけて申し訳ありませんでした!m(_ _)m


・ありねぇ様、コメント有難うございます!

人員選出の舞台裏を思うとセジョンの忠誠心が悲しいですね…。
シンとセジョンの対比もまた然り。
日本人にはなかなか理解することの難しいテーマですが、こういうテーマを扱った作品によって考える契機になればいいと思います。


・kazuさま、コメント有難うございます!

姉弟が追っ手から逃れて生きてきた道程は想像よりも過酷だったのでしょうね。
ドンゴン、ジョンジェ共に熱演でした。
Posted by ルーピーQ at 2006年04月15日 22:15
おジャマします〜♪
脱力感ねぇ〜♪確かに、アレって思った。今、ふと思ったんだけど、あのボロ貨物船のタイフーン号、どうやって台風の目に入ったんだろうか?風速70mの超大型台風だったよね?
Posted by はっち at 2006年04月18日 06:51
ルビーQさま!こんばんは!
亀お礼で申し訳ありません m(- -)m。
盛りだくさんで混乱した箇所もありましたが、チャン・ドンゴンが最高にカッコ良かったです^^。これで海賊島で子供と遊ぶシーンとか、食べ物を自分も皆と分けて食べるシーンとか加われば、最後のシーンに号泣出来たと思います^^。またお邪魔します。これからもよろしくお願いします。
Posted by A・C・O at 2006年04月19日 02:02
韓流辛口ラーメン・・・。
麺も具も一級品なんですけど、スープの仕込みに失敗しちゃった感があります。
脚本の仕上がりがアバウトなので、とっちらかった印象になって、せっかくのテーマがボケてしまったのが残念でした。
それでも美味しいのは美味しかったですけど。
Posted by ノラネコ at 2006年04月19日 21:08
-----■コメント感謝です♪■-----

・はっち様、コメント有難うございます!

計画のアバウトさに脱力してしまいました(笑)
台風の目への入り方とか突っ込みを入れたらキリがないので、その辺は考えないほうが良いのでしょうね。^^:


・A・C・Oさま、今晩は☆

コメント有難うございます!
盛りだくさんの内容で突っ込みたい場面もありましたが、チャン・ドンゴンの海賊役は本当に格好良かったですね♪
海賊の首領としての生活ぶりなんかも入れてくれれば、より感情移入できたかもしれませんね〜。
はい♪私もまたお邪魔しますね。^^
これからも宜しくお願い致します!m(_ _)m


・ノラネコ様、コメント有難うございます!

なるほど、上手い表現ですね!
アバウトな部分を煮詰められれば、間違いなく一級品になりそうです。
南北問題を扱った作品はまだ出て来ると思うので、スケール感を残しつつ脚本を詰めて欲しいと思います。^^
Posted by ルーピーQ at 2006年04月19日 22:17
TBとコメント、ありがとうございました

台風の中、繰り出していくその準備と労力の割に、効果は...

残念なところが多い映画でしたね。
韓国では拉致問題も、はれ物に触るような扱いみたいだし、脱北者を題材に使うのも、まだまだ恐る恐るなのかな〜と思いました。
Posted by Gachami at 2006年04月24日 01:52
・Gachamiさま、コメント有難うございます!

脚本をもっと練っていれば、もっと面白くなりそうだったなぁ〜と思います。
とはいえスケールの大きさなんかは良かったので好意的に捉えていますが、作品として残念なところが多いです(苦笑)
デリケートな題材を扱うことで、問題を考える契機にはなりそうですね。
Posted by ルーピーQ at 2006年04月25日 00:48
こんばんわ☆
ストーリーは大味でしたけど、社会派エンタテイメントとしては、中々の作りの作品でしたね。
役者陣の演技や背景描写が素晴らしく出来ていたので、物語にも入りやすかったです。
後半の計画が明らかになる所は、確かに・・・脱力感ですよね。あんな計画成功するのか???と半信半疑でしたが。
ラストシーンは悲しかったですね〜あのシーンを最後に持ってくるあたり泣かせようとしてたのかな?とも思いますが♪
Posted by orange at 2006年04月26日 12:34
・orangeさま、今晩は☆

コメント有難うございます!
役者陣の熱演が素晴しかったですね♪
ラストシーンや姉弟の再会シーン等は泣かせる演出で上手い作りです。
だから余計に杜撰な計画やストーリーが残念に思えました…。^^:
Posted by ルーピーQ at 2006年04月28日 01:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16367926

この記事へのトラックバック

タイフーン
Excerpt: 韓流映画を映画館まで足を運んで観たのは何ヶ月ぶりだろう? 生まれて初めて韓流スターを格好良いと思った( ̄m ̄〃) 10キロ減量して映画の撮影に望んだチャン・ドンゴン シャープになって眼光鋭く、乱..
Weblog: Cinemermaid
Tracked: 2006-04-10 06:59

【TYPHOON/タイフーン】
Excerpt: ★正直、あまり期待はしていませんでした。イ・ミヨンが3年ぶりに映画出演することに
Weblog: 空の「一期一会」
Tracked: 2006-04-10 09:54

「タイフーン」
Excerpt: ずっとずっと楽しみにしていた この映画を試写会で一足早く見ることが出来ました とにかく ふたりの主役が素敵でした♪ ■□あらすじ□■ アメリカ船籍の民間貨物船が海賊に襲撃強奪されるという..
Weblog: 韓流大好き!
Tracked: 2006-04-10 10:52

タイフーン
Excerpt: 公開初日の初回で観てきました。 ・・・ガラガラでした・・・。 全体の感想としては・・・突拍子もないお話&欲張りすぎという感じがする。 話しがあっちこっち波及し過ぎているため、観ている..
Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ
Tracked: 2006-04-10 11:02

【試写会】タイフーン(評価:○)
Excerpt: 【監督】クァク・キョンテク 【出演】チャン・ドンゴン/イ・ミヨン/イ・ジョンジェ 【公開日】2006/4.8 【製作】韓国 【ストーリー】 アメリカ船籍の民間貨物船が正体不明??
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2006-04-10 14:16

タイフーン TYPHOON
Excerpt:  「映画検定公式テキスト」によると海賊映画なるジャンルがあるらしい。この映画もこのジャンルに入れていいのでしょうか・・・
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2006-04-10 23:15

試写会「TYPHOON タイフーン」
Excerpt: 久しぶりに試写会に当選!!亭主は出張中なので私だけ鑑賞
Weblog: ちょっとひとことええでっかぁ〜♪
Tracked: 2006-04-11 11:04

チャン・ドンゴン主演「タイフーン」奥深き作品でした。
Excerpt: 「シュリ」「JSA」「ブラザーフッド」を 凌ぐ衝撃と言われている チャン・ドンゴン主演の「タイフーン」を観てきました。 前作「プロミス」では 生身の演技?があまり観れませんでしたが 今回はチャン・ド..
Weblog: bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ
Tracked: 2006-04-11 17:24

タイフーン TYPHOON
Excerpt: 評価:★8点 監督:クァク・キョンテク 主演:チャン・ドンゴン イ・ジョンジェ イ・ミヨン 2004年 124min    “北”からの脱出を直前になって失敗し、両親を殺された過去を ..
Weblog: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
Tracked: 2006-04-12 00:24

タイフーン TYPHOON/チャン・ドンゴン、イ・ジョンジェ、イ・ミヨン
Excerpt: うーん・・・公開二日目の日曜だというのにガラガラですヨ。お客さん30人くらいしかいませんヨ。そういう私も実はあんまり期待してないんですけどね。韓国の娯楽大作ってハズすことが多いので本能的に自己防衛モー..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2006-04-12 00:25

タイフーン
Excerpt: メッセージ性が弱くて,退屈な二時間。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-04-12 10:49

30日に「タイフーン」の試写会に行ってきました。
Excerpt: 30日に、ジストシネマで開催し地元テレビ和歌山主催の「タイフーン」の試写会に行ってきました。 内容は、亡命を求めた一家が拒否され、両親が殺されて、その弟が南朝鮮をうらんで生き別れになった姉を探しなが..
Weblog: かなやす日記
Tracked: 2006-04-12 10:59

タイフーン・・・・・・・・・チャン・ドンゴン&イ・ジョンジェ
Excerpt: 今日は寂れた映画館に・・(笑)昔からある映画館。いまでは椅子が所々抜けている。しかし、設備投資はできないだろうな〜〜。この客の入りじゃね。まあそんな映画館なもんで寒くてね〜〜。おかげで、眠くはならなか..
Weblog: ぷち てんてん
Tracked: 2006-04-12 21:00

タイフーン(TYPHOON)
Excerpt: ●世界にコミットしようという気迫のある「南北分断の悲劇」シリーズ最新作●自国内だけでなく世界の人々に広く観てもらうための工夫が限られた予算の中で施された、世界へ向けて「声」を発する作品。
Weblog: わかりやすさとストーリー
Tracked: 2006-04-12 22:17

『タイフーン』・試写会
Excerpt: 今日は某レンタルショップサイトで当選した 『タイフーン』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度
Weblog: しましまシネマライフ!
Tracked: 2006-04-12 22:33

『タイフーン』
Excerpt: あふれる涙、あふれる会話、あふれる銃声。
Weblog: ねこのひたい〜絵日記室
Tracked: 2006-04-13 13:58

タイフーン
Excerpt: 千日前国際シネマ ハリウッドのネタ不足にいっそう拍車をかけて韓国が続々と登場する。そして、大金をかけ、世界を意識した大作を制作しはじめた。これが、その典型として第一弾になるのか。セットも今までにない..
Weblog: 映画評論家人生
Tracked: 2006-04-15 03:57

タイフーン/TYPHOON 
Excerpt:   「北」から脱出を計るが「南」では受け入れ拒否。  そして、生き残ったのは姉と弟だけ。 怨恨、復讐のため、テロリストとして生きるシン(チャン・ドンゴン)。 阻止を図る将校カン・セジョン(イ・ジョン..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2006-04-15 17:58

実は似ている二人の物語。『タイフーン』
Excerpt: 幼少時代、脱北に失敗し、目の前で家族が殺された過去を持ち、 その後、海賊になった男が起こした事件を 極秘捜査官となった元海軍大尉が追いかける物語です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2006-04-15 22:36

タイフーン TYPHOON その2
Excerpt: ●『タイフーン TYPHOON』2006年4月8日公開。韓国では大ヒットなのですが・・・物語を知るとちょっとありえなさすぎで問題かも・・・。「アメリカが日本に核ミサイル..
Weblog: 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
Tracked: 2006-04-16 12:10

Typhoon(2005,Korea)at PREVIEW
Excerpt: わたくし、ドンゴンちゃん…ちがう、チャン・ドンゴンと言えば「あ な た が・・・すき だ か ら ~」というカタコト日本語しか思い浮かばない程度にしか彼を知りませんが、海の男は好きなので(?)観てき..
Weblog: The Final Frontier
Tracked: 2006-04-16 12:58

南北分断の悲劇を嵐に乗せて!/『タイフーン/台風』チャン・ドンゴン
Excerpt: ●タイフーン =台風● 監督;クァク・キョンテク 出演;チャン・ドンゴン/イ・ジョンジェ/イ・ミヨン 韓国 2005年作品 先週の水曜、レディスデーに高崎109シネマにて..
Weblog: 活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世
Tracked: 2006-04-17 01:01

「タイフーン」■国家の事情に翻弄された人々
Excerpt: この映画に登場する人物はすべて、国家を愛し、あるいは信じていた。脱北した一家も「北」は憎んだかもしれないが、同胞である「南」を信じた。そして経由する中国も。しかし、この映画の登場人物は誰1人として幸福..
Weblog: 映画と出会う・世界が変わる
Tracked: 2006-04-17 01:45

タイフーン 2006-20
Excerpt: 「タイフーン」を観てきました〜♪ シン(チャン・ドンゴン)率いる海賊の一味、アメリカ軍が極秘裏に運んでいたある兵器を強奪する。シンは幼少の頃の経験から、南北朝鮮を憎み、兵器を使用して朝鮮半島の人..
Weblog: 観たよ〜ん〜
Tracked: 2006-04-17 21:29

『タイフーン』
Excerpt: 序盤、ストーリーとアクションシーンの融合が面白い!
Weblog: ストーリーの潤い(うるおい)
Tracked: 2006-04-18 17:04

タイフーン
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ れっきとした社会派ムービー  
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2006-04-18 22:10

「タイフーン」みてきました。
Excerpt:  最近は劇団四季のミュージカルにこっていたのと、仕事が忙しかったのとで、久々の映画です。約半月も映画みてなかったんですね。それはストレスもたまるわけだ。。。定期的に映画を見て、僕なりのストレスを発散し..
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2006-04-18 22:44

タイフーン・・・・・評価額1200円
Excerpt: 「プロミス」での扱いはかなりアレだったが・・・こっちはチャン・ドンゴン本来のギラギラした男臭さを前面に押し出した、熱血ポリティカルアクション。 二つの祖国に裏切られ、両親??
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2006-04-19 21:03

「タイフーン」南北分断は韓国映画のテーマ、いつか過去になれ!
Excerpt: 「タイフーン」★★★ チャン・ドンゴン、イ・ジョンジェ主演 クァク・キョンテク監督 ドロ臭く熱い男を演じる、チャン・ドンゴンと 理性的であろうとする男を演じる、イ・ジェヨンジェ。 韓..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-04-20 07:56

『タイフーン』みましたぁ!
Excerpt: 『タイフーン』チャンドンゴン主演/クァクキョンテク監督 태풍(Typoon)...イジョンジェ、イヨンス共演...2005年作品 junsanga的評価 ★★★★☆ (..
Weblog: 韓ドラのたまり場
Tracked: 2006-04-21 14:17

タイフーン ★★☆☆☆
Excerpt: ゴーン ★★★☆☆ ちょっと長くてつらかった。 「もともと同じ国の人間なのに、どうして殺し合う?どうして助け合わない?」ということを訴えかけている映画だけど、その映画全編を通して、人命をすごく軽々..
Weblog: Gachami の映画と日記のページ
Tracked: 2006-04-23 16:44

タイフーン
Excerpt:  チャン・ドンゴンが海賊を演じる!  という事もあって大スペクタクルな冒険活劇を想定していった観客の方々も多いかと思います。  しかし、扉を開けてみたら、分..
Weblog: とにかく、映画好きなもので。
Tracked: 2006-04-26 12:19

「タイフーン」
Excerpt: 5月4日(木)新宿オデオン座にてふたつに分断された朝鮮半島の悲劇。これは韓国映画にとって、大きなテーマです。これまでも何度か取り上げられてきました。その代表が、「シュリ」「JSA」でしょうか。韓国映画..
Weblog: 不良中年・天国と地獄
Tracked: 2006-05-05 11:59

タイフーン
Excerpt: チャン・ドンゴン主演の韓国映画タイフーンを見てきました脱北をしたものの 南が亡命を受け入れずその復讐のため盗んだ核廃棄物で朝鮮半島壊滅を企てる男そこには 姉弟愛あり心にぐ..
Weblog: めざせイイ女!
Tracked: 2006-05-25 21:44

チャン・ドンゴンのプロフィール
Excerpt: チャン・ドンゴンの来日インタビュー情報を収集中です。
Weblog: 韓国芸能ニュース
Tracked: 2006-05-28 20:32

タイフーン
Excerpt: 2つの祖国に捨てられた海賊が祖国に復讐する。 ネタバレ妄想感想いきます。
Weblog: オイラの妄想感想日記
Tracked: 2006-06-09 09:08

タイフーン
Excerpt: 「タイフーン」★★★★ (名劇1)2005年韓国 監督:クァ
Weblog: いつか深夜特急に乗って
Tracked: 2006-06-26 05:59

タイフーン TYPHOON
Excerpt: 『TYPHOON』公開:2006/04/08製作国:韓国監督:クァク・キョンテク出演:チャン・ドンゴン、イ・ジョンジェ、イ・ミヨン ☆story☆米軍の秘密兵器を秘かに輸送中の船舶が台湾沖で冷酷..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2006-09-15 13:02

映画『タイフーン』
Excerpt: 原題:Typhoon 昔、日本軍がこんにゃくを貼り付けた風船爆弾をジェット気流に乗せてアメリカまで飛ばし、一部は実際にカリフォルニアまで飛んで山火事を起こしたらしい・・ ? 核戦争に..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-03-14 03:06

タイフーン
Excerpt:  アメリカの偽装船舶が、日本へと極秘裏に輸送していた核ミサイル用衛星誘導装置をシン(チャン・ドンゴン)率いる海賊に強奪された。事実が公になることを恐れた日米両国は韓国大統領へ事件の黙認を要請するが、韓..
Weblog: Yuhiの読書日記+α
Tracked: 2007-09-19 00:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。