2006年01月28日

■ヒトラー 〜最後の12日間〜 

ヒトラー.jpg 

 ヒトラー(ブルーノ・ガンツ)に気に入られ、個人秘書の職を得たトラウドゥル・ユンゲ(アレクサンドラ・マリア・ララ)。彼女が秘書として働きはじめて2年半が経った時、第2次世界大戦のヨーロッパ戦線は大詰めを迎えソ連軍の砲火が迫っていた。そこでヒトラーはごく限られた身内や側近らとともに、ドイツ首相官邸の地下にある堅牢な要塞へ退却した。そしてユンゲは、ヒトラーが死を決断するその日まで行動を共にすることになる・・・。

  史上最も悪名高き独裁者、アドルフ・ヒトラー。その最後の12日間に焦点を当てている今作は、総統としての暴虐なヒトラーの振る舞いだけではなく、同時にその人間性、ヒトラーの「素」の部分を描写している。映画が進むにつれて感じたのは、自分が思い描いていたヒトラー像とのギャップだ。裏切りは許さない冷徹な独裁者である一方で、実現不可能な戦略を語るヒトラーの姿に、今まで描いていた“狂気の独裁者”というイメージよりも、どこか子供じみた夢想家のような印象を受けた。

 砲火に晒された市街地においての凄惨な戦闘の中、地下要塞で実現不可能な命令を下すヒトラー。このギャップが、「戦時には市民などあるものか」というヒトラーの言に象徴されて、独裁者たる所以の傲慢さやそれに付き従う者達の狂信を浮き彫りにしている。過度な演出はなく音楽も抑えられている為に、砲撃の轟音がより生々しく響き、さながら砲撃の脅威に晒されている当時の人々の状況を体験しているような気分になった。

 舞台が地下要塞という密室で、崩壊に向けて僅かな時間が凝縮されていることもあり、作品は密度が濃く常に重苦しい。ナチスという組織、ヒトラーというカリスマ指導者の崩壊が淡々と綴られたクールな作りであり、観ている者はユンゲの視点を通し、歴史の一端を目撃しているかの如き感覚になるだろう。一人の独裁者と人々の妄信が招いた終焉に、鑑賞後には複雑な想いが巡る作品だった。


ルーピーQ的評価・・・★★★☆☆三つ星です。


※人気blogランキング参加中♪






●ヒトラー 〜最後の12日間〜 DVD発売中●
posted by ルーピーQ at 23:58| 千葉 ☀| Comment(7) | TrackBack(40) | ■映画レビュー -DVD観賞- 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 TBありがとうございますm(_ _)m

 ヒトラーとゆー独裁者の人物像を
湾曲することなく描く。簡単そうで
簡単じゃないと思いました。

 史実モノが苦手なたましょくでし
たが、やはり受け止めなければなら
ない史実とゆーのは、確実に存在す
るんだと。

 
Posted by たましょく at 2006年01月29日 07:55
TBありがとうございました。

怪物としてのヒトーラーだけではなく、一人の人間としての弱さなど描いたよい映画でした。

それによってかかれておられるように怪物ヒトラーのイメージが私の中で少しかわりました。

TBさせてください。
Posted by maximum at 2006年01月30日 18:30
ルーピーQさま コメント&トラバありがとうございます!(^^)!
なんともいえない後味でした。
我が子を一人一人毒殺する母親
家族皆が集まっている夕餉の裏で手榴弾を手にする父親
衝撃的な作品でした。
また、悪の象徴として名前を挙げられるヒトラーの
“普通になる瞬間”がとても新鮮で
粘って粘って レンタルして鑑賞できて
良かったと思えた作品です。
こちらからもTRBさせて頂きます♪
Posted by soratuki at 2006年01月30日 19:57
こんにちは♪
TBありがとうございました。
劇場でもDVDでも、とにかく見ておかなくてはいけない類の作品だったと思います。
>歴史の一端を目撃しているかの如き感覚になるだろう
まさにそうですね〜。
実際にあの時代を知らないからこそこうやって事実を知って、後世に伝えていかなくてはいけませんよね。
Posted by ミチ at 2006年01月30日 20:55
-----■コメント感謝です♪■-----

・たましょく様、コメント有難うございます!

観ていることが辛くなる場面もありましたが、受け止めなければならないんですよね。
そういった意味でも意義のある映画だったと思います。


・maximum様、コメント有難うございます!

怪物などではなく、ただの人間が非道を行ったのだと。
そう思った時、いいようのない恐怖を覚えました。


・soratukiさま、コメント有難うございます!

ヒトラーに傾倒している人々が下す決断に衝撃を覚えます。
部下や市民には非情なヒトラーが女性に対しては優しさを見せたりと、人間的に描かれていたのは新鮮でしたね。
私もDVD待ちして観た甲斐がありました!


・ミチさま、こんばんは♪

コメント有難うございます!
とにかく辛くても観なくてはいけないですね。
後世に伝えていかなければいけない史実を扱った、意義のある映画だと思います。
Posted by ルーピーQ at 2006年02月01日 00:08
おじゃまします。
私はどこで読んだのか(?)観たのか(?)こういうヒトラー(人間性の部分、子どもじみた部分とか)は、なんとなく知ってました。ですから、そういう部分での驚きは無かったのですが、「戦争とそれによるヒステリックな状態というのは怖いなぁ」と思わせる部分では、力のある作品とは思います。
特に子ども達を毒殺するゲッペルス夫人。ぞっとしました。
では、またきます。
Posted by ピロEK at 2006年05月13日 09:57
・ピロEKさま、コメント有難うございます!

>戦争とそれによるヒステリックな部分
その描写は凄絶でしたね。
ヒトラーを妄信するが故のゲッペルス夫人や他の軍人たちの行動は怖いと感じさせられました。
ヒトラー像に関しては、今までそういう部分を知らなかったし知ろうとも思わなかったのか…。
ヒトラーも人間だったんだなぁ〜なんて再認識する結果となりました。^^:
Posted by ルーピーQ at 2006年05月15日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12423095

この記事へのトラックバック

ヒトラー 〜最後の12日間〜
Excerpt: 敗戦の再現 ヒトラー 〜最後の12日間〜 (Der Untergang) http://www.hitler-movie.jp/ こうゆう映画の場合「面白い」って言葉は誤解を招く 「良く出来ている..
Weblog: arudenteな米
Tracked: 2006-01-29 02:08

ヒトラー 〜最期の12日間〜を観て来た〜!
Excerpt:  2005年8月18日 『ヒトラー 〜最期の12日間〜』観賞レビュー 原題 The Down Fall 「没落・破滅」の意。 彼の敵は世界 2005年7月9日..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2006-01-29 03:02

映画「ヒトラー最期の12日間」 
Excerpt: 2004年 ドイツ映画 155分 監督  オリヴァーヒルシュビーゲル  製作・脚本 ベルントアイヒンガー 主演  ブルーノ・ガンツ  アレクサンドラ・マリア・ララ
Weblog: ちょっとひとことええでっかぁ〜♪
Tracked: 2006-01-29 07:51

ヒトラー??最後の12日間??
Excerpt: 「ヒトラー??最後の12日間??」 評価 保留 『あらすじ』  タイトルの通りなので、省略。 『感想…?』  たましょくのブログを読んでいる方の中には、気..
Weblog: 何を書くんだろー
Tracked: 2006-01-29 07:56

ヒトラー 〜最期の12日間〜
Excerpt:  アドルフ・ヒトラーはユダヤ人だった!という仮説は大好きなのですが、それを想像させるシーンもあった・・・  それはエヴァとの質素な結婚式。「汝はアーリア人か?」と訊かれた瞬間のやりとりで、絶妙の間に..
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2006-01-29 08:32

止まれない暴走の末の狂気 「ヒトラー 最期の12日間」
Excerpt: 評価:95点{/fuki_cool/} ヒトラー 最期の12日間 すごい映画を観ました。 戦争映画としては、今年最高傑作だと思います。 「ヒトラー」という非常にデリケートなテーマを色々な部分に..
Weblog: 平気の平左
Tracked: 2006-01-29 08:42

ヒトラー 〜最期の12日間〜
Excerpt: アドルフ・ヒトラーが地下で過ごした最期の12日間を、当時の個人秘書が綴った回顧録を元に描いた衝撃の問題作。ソ連軍の猛攻により日毎に悪化する戦況。そんな極限状態の中、地下要塞のヒトラーはある重大な“..
Weblog: 色即是空日記+α
Tracked: 2006-01-29 10:07

ヒトラー 〜最後の12日間〜 
Excerpt: ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション ゴウ先生ランキング: A- 早稲田松竹 2006年1月25日(水)9:30からの回 公式サイト: http://www.hi..
Weblog: 映画と本と音楽にあふれた英語塾
Tracked: 2006-01-29 10:21

映画『ヒトラー最期の12日間』(Der Untergang)感想B面
Excerpt: 以前にも掲示板で話題になりましたが。 過日、アントニー・ビーヴァーというイギリスの軍事史家が、ベルリン最終戦についての超力作ドキュメンタリー作品『ベルリン陥落1945』を発表して大いに評..
Weblog: ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録
Tracked: 2006-01-29 11:10

殺人鬼ヒトラーの内面を描く◆『ヒトラー 〜最期の12日間〜』
Excerpt: 8月11日(木)名演小劇場にて 2004年2月に、私は『アドルフの画集』という映画を観た。独裁者になる前の青年時代のアドルフ・ヒトラーは絵を描くことが好きで、ある画商との出会いによって一時は画..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2006-01-29 11:58

ヒトラー??最後の12日間??
Excerpt: 《ヒトラー??最後の12日間??》 2004年 ドイツ映画 - 原題 - DER
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2006-01-29 19:31

ヒトラー 〜最期の12日間〜
Excerpt: ヒトラー 〜最後の12日間〜 を観た。 1945年4月20日。ソ連軍の砲火が押し寄せるベルリン。ヒトラーとその側近たちは、総統官邸の地下要塞に避難していた。もはや敗戦を疑う者はいな??
Weblog: 雑記のーと Ver.2
Tracked: 2006-01-30 01:07

ヒトラー 最期の12日間
Excerpt: 今年のアカデミー外国語映画賞にノミネート。今回の札幌遠征の本命だ。モーニングショーで観てきた。
Weblog: CINEMA正直れびゅ <ネタバレアリ>
Tracked: 2006-01-30 06:46

第63回 「ヒトラー 〜最期の12日間〜」 ★★★★
Excerpt:  アドルフ・ヒトラーの地下で過ごした最後の12日間を当時ヒトラーの秘書をしていた女性の回顧録をもとにしてつくられた映画。  従来の怪物・異常者という描き方だけではなく一人の人間として客観的にヒトラー..
Weblog: 映画生活(独断と偏見)
Tracked: 2006-01-30 18:30

23.『ヒトラー 〜最後の12日間〜』みちゃった!(^^)!
Excerpt: {/kaeru_fine/} 以前、既にUPした『ヒトラー〜最後の12日間』を DVDで鑑賞しました。 レンタルを狙ってみたものの・・・・悉くレンタル中ーΣ( ̄□ ̄)!!  仕方ないので、友人の家の近..
Weblog: 徒然なるままに・・・?
Tracked: 2006-01-30 19:57

【ヒトラー〜最期の12日間〜】
Excerpt: ブルーノ・ガンツ、 アレクサンドラ・マリア・ララ、 コリンナ・ハルフォーフ、出演の歴史ドラマ。 公開日:7月9日 ☆ストーリー☆ 目撃者はひとりの秘書。 戦後はじめて明かされる..
Weblog: ココアのお部屋
Tracked: 2006-01-30 20:29

映画「ヒトラー 最期の12日間」
Excerpt: 映画館にて「ヒトラー 最期の12日間」★★★★★ 戦後60年にしてついにドイツが動いた? この映画、どう見ればいいのかとても悩んだ。 ストーリー:1945年4月、ベルリン。ソ連軍が間近に迫ってくる..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2006-01-30 20:51

ヒトラー ??最後の12日間??
Excerpt: 製作/2004年  ドイツ 監督/オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演/ブルーノ・ガンツ  アレクサンドラ・マリア・ララ  コリンナ・ハルフォーフ 77点 史上最も有名な独裁者アドルフ・..
Weblog: 映画にKISS☆ (おはなとぱーこ)
Tracked: 2006-01-30 21:42

ヒトラー ??最後の12日間??
Excerpt: 1945年4月。ソ連軍はベルリンを包囲し猛攻撃を開始する。ヒトラーとナチス首脳は総統官邸の地下に避難するものの、ヒトラー本人を除き敗戦を覚悟していた、極限状態の中で、ヒトラーの指令は常軌を逸したものと..
Weblog: たにぐちまさひろWEBLOG
Tracked: 2006-01-30 22:14

『ヒトラー 〜最期の12日間〜』
Excerpt:  アウシュビッツ収容所でのユダヤ人大殺戮などで悪名高きアドルフ・ヒトラーが自決するまでの最期の12日間を描いたのが本作。  公開されるや「戦後初めてヒトラーを注視した映画。実に力のある映画だ」なんて..
Weblog: 映画大陸
Tracked: 2006-01-30 23:09

ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004)
Excerpt: 戦後、罪には問われなかったヒトラーの個人秘書から見たヒトラーという人間、ということでなんとなく興味を持った。 ベルリンの地下壕での日々がつづられる。ドライな戦争映画である。 題名が国によって微妙に違..
Weblog: 萌映画
Tracked: 2006-01-31 13:25

ヒトラー 最期の12日間
Excerpt: ★本日の金言豆★ ヒトラーと、彼を作品で痛烈に批判したチャップリンは、同い年で誕生日も近い(チャップリンが4日年上)。  今の世の中で独裁者といえば、ツッパリ国家イラク??
Weblog: 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等
Tracked: 2006-02-01 14:25

「ヒトラー 〜最期の12日間〜」
Excerpt: このブログを始めたキッカケは、映画を観た後に時折感じる、この感動を誰かに伝えたいとか、紹介したいとか気持ちが大きくなってブログを始める事にしました。 この「ヒトラー 〜最期の12日間〜」は、そん..
Weblog: シネマつれづれ日記
Tracked: 2006-02-01 22:46

ヒトラー 〜最後の12日間〜
Excerpt: 製作/2004年  ドイツ監督/オリヴァー・ヒルシュビーゲル出演/ブルーノ・ガンツ  アレクサンドラ・マリア・ララ  コリンナ・ハルフォーフ 史上最も有名な独裁者アドルフ・ヒトラー。 彼の人間性を描く..
Weblog: 映画、大好物っ!
Tracked: 2006-02-02 20:22

ヒトラー 〜最後の12日間〜
Excerpt: 市原悦子主演「家政婦は見た!」ではなく、 「女性秘書は見た!ヒトラーの真の姿を!!」 映画の日、夜の部。この日4本目で最終。 「ロボッツ」、「ポケモン」の2本のアニメと、オバカ人..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-02-04 18:31

ヒトラー ~最期の12日間~(Der Untergang)
Excerpt: 監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル 主演 ブルーノ・ガンツ 2004年 ドイツ/イタリア映画 155分 ドラマ 採点★★★★ “理想”を貫き通すには、多くの犠牲が払われる。やがて“理想”は“妄想..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2006-02-24 17:58

ヒトラー 最期の12日間
Excerpt: ヒトラーの最期を描く史実に基ずく映画 1942年にヒトラーはミュンヘン生トラウドゥル・ユンゲを秘書として雇う このトラウドゥル・ユンゲの目から ヒトラー最後の12日間が語られる 1945年ドイ..
Weblog: travelyuu とらべるゆう MOVIE
Tracked: 2006-02-26 17:45

ヒトラー 〜最期の12日間〜
Excerpt: ヒトラー 〜最期の12日間〜2004年 ドイツ監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル出演:ブルーノ・ガンツ , アレクサンドラ・マリア・ラーラ , ユリアーネ・ケー..
Weblog: しーの映画たわごと
Tracked: 2006-03-01 20:30

「ヒトラー 最期の12日間」@新宿武蔵野館
Excerpt: 今日は秀君がお休みだったので2人で「ヒトラー 最期の12日間」を見てきました。かなり見たかったんだけど、試写会にとうとう行く事が出来なくて、でもどうしても見たかったの。会社は今あまり忙しくないのでお休..
Weblog: ワンダーあーちゃん(*´∇`*)
Tracked: 2006-03-04 21:32

「ヒトラー 〜最後の十日間〜」DVDにて 忘れてはならない傷跡
Excerpt: DVDで『ヒトラー 〜最後の十日間〜』を見ました。
Weblog: xina-shinのぷちシネマレビュー?
Tracked: 2006-03-04 22:02

「ヒトラー 〜最期の12日間〜」
Excerpt: 05年公開作で見逃しちゃってた作品。 なかなか評価が高いみたい・・・でも、 ひらりん、戦争モノにがてなんだよなーーーー・・・ といいつつ、最近結構戦争がらみの映画見ちゃってるけど・・・。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-03-08 00:59

ヒトラー〜最期の12日間〜
Excerpt: 【2005年7月9日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】※ノン・フィクション 【観た場所:レンタル・DVD】 面白かった度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}..
Weblog: 琴線〜心のメロディ
Tracked: 2006-03-18 14:51

映画のご紹介(113) ヒトラー 最期の12日間(2005年)
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(113) ヒトラー〜最期の12日間〜(2005年)-戦争って、本当は..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-04-01 13:05

『ヒトラー 最期の12日間』’04・独・伊
Excerpt: ヒトラー〜最期の12日間〜あらすじ1945年4月20日。ソ連軍の砲火が押し寄せるベルリン。ヒトラー(ブルーノ・ガンツ)とその側近たちは総統官邸の地下要塞に避難していた。もはや敗戦を疑う者はいなかったが..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2006-04-25 00:11

ヒトラー 〜最期の12日間〜…GWレンタル映画ラストです
Excerpt: 前日の記事で「もうテンプレートは戻せない」と言ってる私ですが… 戻す方法発見しました{/face_nika/} で、現状は自分では見づらいとも思ってるので、数日経ったら戻すかも。 戻す気まんまんかも..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2006-05-11 22:59

「アドルフの画集」&「ヒトラー最期の12日間」
Excerpt:  アドルフ・ヒトラー関連の映画を2本見ました。  1つは「アドルフの画集」という映画。 アミューズソフトエンタテインメント アドルフの画集  主人公はマックスというユ..
Weblog: シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記
Tracked: 2006-05-17 16:27

ヒトラー 最期の12日間
Excerpt: 評価:★5点(満点10点) 2004年 155min 監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 主演:ブルーノ・ガンツ アレクサンドラ・マリア・ラーラ    コリアーネ・ケーラー 【あらすじ】 ..
Weblog: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
Tracked: 2006-10-04 15:00

映画『ヒトラー ??最期の12日間??』
Excerpt: 原題:Der Untergang 1945年5月7日、第3帝国は終焉を迎える。ドイツ・ナチス総統ヒトラーが4月20日に地下要塞に籠もり自殺するまでの最後の12日間の悲劇の物語・・ ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-11-22 02:09

『ヒトラー 〜最期の12日間〜』
Excerpt: この映画が公開された時期に、 原作『私はヒトラーの秘書だった』は、 読んだのですが。 もう少し、早く決断していれば…。 ということが、人生には多々あるけれど、 この人の場合は、そんな..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2007-04-13 19:41

ヒトラー/最期の12日間@我流映画評論
Excerpt: 今回紹介する映画は、以前このブログでも紹介した『es』の監督、オリバー・ヒアシュビーゲル作品、『ヒトラー/最期の12日間』です。 まずは映画のストーリーから・・・ 1942年、ミュ..
Weblog: ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG
Tracked: 2007-09-02 01:08

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。