2006年05月22日

■ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード .jpg

 ルーブル美術館で館長の死体が発見され、その死体の周りには不可解な暗号が残されていた。その暗号の中には、その夜に彼が会う約束をしていた大学教授・ラングドン(トム・ハンクス)の名前があった。殺人の容疑者として現場に連れて来られたラングドンだったが、館長の孫娘のソフィー(オドレイ・トトゥ)に助け出される。暗号の謎を解き始める二人だったが・・・。

続きを読む
posted by ルーピーQ at 02:02| 千葉 ☀| Comment(34) | TrackBack(143) | ■映画レビュー -劇場観賞- 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。