2005年08月07日

■スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

シスの復讐.jpg

 アナキン(ヘイデン・クリステンセン)とパドメ(ナタリー・ポートマン)の極秘結婚から3年後、分離主義者の勢力は拡大し、共和国を脅かす存在となっていた。シスの暗黒卿ダース・シディアスは銀河系の支配を成功させるため、邪魔となるジェダイの騎士殲滅の策略を巡らすとともに、アナキンの高い能力に着目。パドメを失う夢を見たアナキンの恐怖心に付け入り暗黒面に引き込もうと試みる。一方、ジェダイの騎士たちは共和国元老院パルパティーン最高議長の動向に不安を覚え、アナキンをスパイとして送り込むとともに、分離主義者への攻撃を試みるが・・・。

 DVDとTVの放映で復習してから「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」に臨みました。

「遠い昔、はるか彼方の銀河系で・・・」

 このあまりに有名なオープニング映像と音楽は、スター・ウォーズを観たことがない人でも知っていることでしょう。このオープニングを大スクリーンで観ただけでも感激してしまいました。最初から・力のあるシーンの連続で、エピソード1、2の時に感じた眠気(失礼)を感じる間もありません。

 前作を観た時に危惧していた、オビ=ワンとアナキンの確執(というよりアナキンのオビ=ワンに対する不信感)は今作(前半部)では感じられず、良好な関係を築いていたようですね。オビ=ワンが、アナキンを諭す場面での二人の会話が良かったです。だからこそ、その後に訪れるシーンがより残酷に映りました。

 ストーリーの一番の見所は、アナキンがダークサイドに墜ちるシーン・・・と思いきや、意外にあっさり墜ちてしまったという印他。でも、パドメと結婚し(というより彼女を愛し)執着した時点で、ダークサイドに墜ちるには充分の素質があり、墜ちるべくして墜ちたのだな・・・と一人で納得。

 ダース・ベイダー誕生の瞬間、オビ=ワンとアナキンの戦闘シーン、ヨーダとチューバッカの意外な接点等、シーンの一つ一つが大いに楽しめ、また映画館での鑑賞が充分に堪能できる映像作品でした。(オビ=ワンの「選ばれし者だったのに!」も観たし)是非6作通して改めて観たいと思います。

ルーピーQ的評価・・・★★★・☆三つ星半です。


※人気blogランキング参加中〜♪



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。