2005年06月11日

■Ray/レイ

Ray.bmp

 レイ・チャールズ・ロビンソン(ジェイミー・フォックス)は、弟の溺死によりトラウマを背負い、9ヵ月後、視力を失うが、母は幼い彼を決して甘やかさなかった。1948年、17才でシアトルに出たレイは、「盲目の天才」と評判になる。やがてレイは、ゴスペルとR&Bを融合させた新しい音楽、ソウルを誕生させた。一方、名声の裏では複数の愛人、そして麻薬に手を出し、その生活は荒んでいく。1965年、麻薬の密輸で逮捕されたレイは、自ら厚生施設へ入り、薬を断ち切る決意をする・・・。
第77回アカデミー賞主演男優賞、音響賞受賞作品。

 2004年6月にこの世を去った、レイ・チャールズの伝記映画。「ソウルの神様」レイの、栄光の陰に隠されたエピソードを描いていく。

 まず、ジェイミー・フォックスの演技が素晴しい。レイ自身から役を貰っただけのことはあり、まるでレイ・チャールズがそのまま乗り移ったかのような印象であった。フォックスを観るだけでも一見の価値はあるだろう。

 フラッシュバックで挿入される、レイの原風景である少年時代。弟の溺死によって心に深い傷を負う一方で、失明の際に受けた母アレサからの教えが、後のレイを支える指針となる。この作品の重要な位置を占めている少年時代のエピソード、特にアレサがレイに与えた言葉が印象的だ。

 失明というハンディを負いつつも成功を収めたレイだが、この作品はただの成功譚に止まらず、薬物と女性に溺れていく姿も同時に描かれている。偉人の人間としての弱さを見せることで、ただ美化するだけではない重厚な物語となっている。40タイトルもの音源により一つ一つのシーンが紡がれる為、約二時間半の大作であるにも関わらず長さを感じることはない。

 波乱に満ちた生涯を送ったであろう、音楽界の巨星レイ・チャールズの人生を垣間見ることができる。伝記映画の意義を充分に感じた作品であった。

ルーピーQ的評価・・・★★★★☆四つ星です。


※人気blogランキング参加中〜♪



posted by ルーピーQ at 01:45| 千葉 ☔| Comment(18) | TrackBack(29) | ■映画レビュー -DVD観賞- 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。